FXのテクニカル指標 エンベロープ

| トラックバック(0)

「エンベロープとは?」
FXのテクニカル指標の中でもトレンド系テクニカル指標の一つに
「エンベロープ」というものがあります。

エンベロープとは
英語の「Envelope」のことで、
「覆うもの、封筒」といった意味があります。

簡単に言うと移動平均線に「乖離線」というものをプラスしたテクニカル指標です。

この「エンベロープ」は移動平均線を封筒や帯のように覆っていることから、
このような名前がついたようです。ボリンジャーバンドと基本的な考え方が
似ています。

ボリンジャーバンドと組み合わせる使い方もあるようです。
たとえば、おおまかな相場の動きを感覚的に見たいときに
エンベロープを、取引にはボ
リンジャーバンドを、といった使い方ができます。
さらに利益確定と損切りにも便利です。

【エンベロープとローソク足 豪ドル日足】

art-pgn.jpg


FX取引をする際のエンベロープの見方ですが、
エンベロープの基本的な見
方としては、
上下の乖離線が移動平均線からどのくらい離れているかをみることで、
移動平均線から価格がどのくらい離れたのかを見て売りサイン、買いサイン
をみきわめます。

価格が上下のどちらかのラインに到達・近づいたときに売りサインと買いサインになります。
エンベロープはパーセンテージで表され、
移動平均線を0パーセントとし1パーセント、
2パーセント乗算した計算結果を出します。

他には市場の支持や抵抗の強さを見るのにも使います。
また上バント(アッ
プバンド)と下バント(ロウバンド)の幅から、値幅もわかります。

エンベロープも理解すればFXではかなり有効ですので、
一度チャレンジしてみてください!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.art-pgn.info/mt/mt-tb.cgi/1

このブログ記事について

このページは、art-pgnが2012年4月24日 18:08に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「オシレーター系テクニカル指標 MACD」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3